おいしい出逢い

五感で感じるままに~BISTRO Ame

1月の週末、misatoさんとの1年ぶりの再会に『BISTRO Ame(ビストロ アム)』へ。

アミューズの「ミニチュアフォアグラフォンデュ」に続いて出てきたのは、スペシャリテの「野菜のパフェ 黄人参のアイスクリーム」。野菜がそのままに、あるいはジュレやアイスやクリームと姿を変えて、一体となって、口に広がってきます。
この辺りで、misatoさんも喜びの声。う~ん、女心を掴むのが本当に上手だ。
だってここは、あの『ビストロ 間』の後を継ぐお店ですから。

季節の野菜を中心に、素材の組み合わせ、素材の生かし方に心躍り、五感で楽しませてくれるのです。
Photo
前菜は「牡蠣と白子 2種のベニエ バルサミコとビーツのソース」
牡蠣に変えて、天使の海老です。ビーツとエディブルフラワー、美しい彩りの一皿です。

「真鯛と白菜のブレゼ 蟹とカリフラワーのビスク」は、蟹の旨みもぎっしりと、ふっくらとした真鯛が、白菜とカリフラワーのクリーミーさと重なって、やさしい味わい。

くずしと言われる〆の料理「安納芋の御飯 ~貝のグラタン~」。こっくりとしたお芋がどこかほっとします。
Photo_2
misatoさんのデザートは、「蜜柑のクレープシュゼット ~濃厚なチョコレート バニラのアイスクリーム~」、ちょうどお誕生日だったので、プレートを用意してもらいました。
私は、「林檎のデクリネゾン ~姫林檎のアップルパイ 薔薇香るアップルティー~」 
パイに、コンポートに、林檎が姿を変えて楽しめます。

2015年に新たな一歩を踏み出したmisatoさん、ライフワークとするテーマに、前よりも自然体に伸びやかに向かっているのを感じたのです。
そうね、ちょっと力んでいる自分に気がついた。

店名『Ame』は、魂という意味だそう。
美しいものを美しいと感じ、自分の心の声にもっと素直になれるように・・・そんなことを思う夕べでした。

BISTRO Ame
渋谷区恵比寿1-16-33 第2ASビル1F
03-6455-6989
Lunch    12:00-15:00(土日のみ)
Dinner  18:00-23:00
定休日 月曜日、第3火曜日


チワワン*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息づく伝統と向き合う心

虎屋本店が建て替えのため一時休業。そのご挨拶文が話題を呼んで…友達がFBにアップしてくれたので、そうだ、今日までだ!昼休みに急いで行ったら、たくさんの人。
  柏餅のみそ餡の美味しさに開眼し、お雛様の和菓子の美しさにうっとりし、羊羹はもちろん、季節折々の和菓子の上品な甘さに心満たされて…思い出つきないなぁ。
混んでいる最中、今日も追加のオーダーにも丁寧な接客、17代のご挨拶文の精神は従業員に沁みとおっていると感じる。これがブランドというものだわ。
Matome
本店限定の虎の躍動感と模様を表現した羊羹「千里の風」、紅葉の美しさを表現した湿粉製棹物「紅葉襲」を買い求めました。
この奥行きのある甘さを味わって、3年後を心待ちにします。


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋がりに思う夕べ~Ristorante della collina

ロングランの講習を共に学んだ仲間と久々食事会。処は恵比寿の『Ristorante della collina(リストランテ デラ コリーナ)』。
落ち着いた雰囲気だけどリラックスできる大人な空間。お料理は、奇をてらわず、とっても丁寧に作らているのを感じます。

「生うにのトマトクリームパスタ」は、アルデンテなパスタに濃厚なソース、うにがしっかり味わえる逸品です。
メインのお魚は「カレイの柚クリームソース」。外はカリッと、中はふっくらはもちろんのこと香ばしさとまろやかなソースが交差する。パンもドルチェも、一見フツーだけど、美味しい。
ちょっといいお店を発見しちゃったね。
Photo
年齢もバラバラ、大いなる人間力、しなやかな感性、細やかな心…個性豊かな面々。
みんなの都合を合わせて設定した日だったのだけど、FBで誕生日がバレバレだったぁ。

プレートと素敵なブーケが用意されていて…。
でもね、ホントのプレゼントは、出会えたことと繋がりだよね。

Ristorante della collina
渋谷区恵比寿南2-9-4 安島ビル2F
03-3714-8855
Lunch   11:30-15:00(LO14:00)
Dinner  18:00-23:00(LO21:00)
      18:00-24:00(LO22:00)金曜、祝日前
定休日 日曜日


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチサプライズににっこり~acquatico

fushimiちゃんの仕事がようやく一段落したので、ゆっくりごはんを食べようってことでやってきたのは『acquatico(アクアティコ)』。間口が狭くて、一見テイクアウトのお店に見えて、前を通り過ぎてしまったのだけど、中はゆったりと落ち着いた雰囲気です。

まずは、2種類のグリッシーニ、アミューズにゼッポリーニが登場。まさに、ちょっとした“楽しみ”なんですが、予想していないこういうおもてなしに期待も膨らみます。
Photo
ディナーコースB(4500円)にしたのは、人気の「40品目の野菜を使ったお皿 アンチョビとケーパーのソース」」がついているからです。ちょこっとずつ、本当に色々な野菜、上は生、下には蒸しものが仕込まれています。黄色のクリームは、かぼちゃではなくにんじんで、甘いんです。

もう1つの前菜はプリフィックスの中から。
Photo_2
細めのパスタはしこっとしていて、これが美味しい。fushimiちゃんはカルボナーラ、私はやっぱりトマトソースで。

メインは、「フランス産仔牛肉のロースト」「沖縄県産 アグー豚のロースト」どちらもシンプルに、肉の旨みを味わうお料理です。
Photo_4
続いては、「ごぼうのアイス」と、またしてもプチサプライズにニッコリです。

デザートは、プリフィックスの中から、季節のいちごをいただきました。
カフェをいただいていると、もう満足~~なところに、「プチフール」と最後の一押しがありました。4500円ですからね、このコース。ここまで尽くされるとはね。

もう四半世紀のつきあいなのに、こんなところもあったんだね~なんて思うことがありました。人生、歩みを進めると、考えること、思うことも変わってきて、こんなところでも繋がるかも~と嬉しくなった夕べでした。

acquatico
港区赤坂2-8-12デュオ・スカーラ赤坂1F
03-3560-1806
Lunch 11:30~14:00
Dinner 18:00~22:00
定休日  日曜日、不定休


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幾重にも重なるエッセンス~MANSALVA

名古屋からmisatoさんが東京に遊びに来るというので、7月に行って魅了され(前の記事はこちらから)、季節を変えてお邪魔したいと思っていた「『MANSALVA(マンサルヴァ)』へ。
さて、今日はどんなお料理が繰り出されるでしょうか?ワクワクします。

始まりは「カネーデルリ」。ハムとチーズがとろ~りと仕込まれて、もちっとしたお団子みたいで可愛い。前菜は彩りも美しい「真ガキ・芹・生ハム・オレンジ・・・」。私は牡蠣を帆立に変えていただきました。芹の香りが鼻腔をくすぐり、生ハムの塩気、オレンジのフレッシュな酸味が帆立とともに迫ってきます。
Photo
テーマは“名残りの冬トリュフ”というキャプション付の「ホロホロ鳥・赤卵・じゃがいものsferaと冬トリュフ」。ふんわり香るトリュフ、ねっとりとした黄身とじゃがいものクリームがしっとりとした冬を演出。

最初のパスタは「菜の花・リコッタチーズ・エストラゴンのトルテッリ」。甘く爽やかな香りとともに、春の訪れを待ちわびるかのような一品です。

2皿目のパスタの「カナダ産猪肉の煮込み“カッスーラ”を手打ちパッパルデッレで」は、キャベツの中にお肉の煮込みが入っていて、食べ進めるのが楽しくなります。

3つの中から選べるメインは「松坂豚ロースのアロスト ポロネギとアンチョビの焦がしバターソース」をチョイスしました。ふっくらと蒸した肉に、ネギとバターが香ばしく、アンチョビが深みを添えています。
Photo_2
「バナナチョコとSAMBUCAのカフェ・コレット」は、ふわふわのクリームとしっかりとしたチョコ、お酒もしっかり利いていて大人のドルチェ。最後にプティフールが出てくるところがフレンチっぽく、おしゃれですね。

7月は特に“酸味”の生かし方に魅了されましたが、今回は“香り”を感じました。やはり季節によって、素材の生かした方と味わいが違うのです。1つ1つの素材がしっかりと個性を主張しながらも、ソースとともに口の中で一体となって見事なまでに調和してきます。イタリア的エッセンスがストレートではなく、幾重にも重なって独自の一皿が生み出され、心地よく迫ってくる、またしてもノックアウトされてしまいました。

この日はmisatoさんのお誕生日前日でした。
歳を重ねると感じる衰えと向き合いながら、これまで歩んできたキャリアの統合から生まれる、求めたいテーマへと話しは進んで・・・同い年の同志、また一歩踏み出していく力をもらったのでした。

MANSALVA
渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLDG.5-B1F
03-5447-3300
Lunch  日・祝 12:00-13:30(LO)
Dinner  水~月 18:00-23:00(LO21:00)
定休日 火曜日


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜たっぷり、眺めたっぷり~DINING OUT.53

新年早々勉強会。学び合える仲間って大切です。これもマメなSさんのお蔭です。いつもありがとう。

ランチは、新宿センタービル53階の『DINING OUT.53』へ。
数種のメインから選んで、後はお惣菜、デザート、飲み物がビッフェ形式。そのお惣菜の種類が10種類以上もあります。バーニャカウダー、サラダ、マリネ、カポナータ、ポテト、山芋のスチーム、きのこのピラフ・・・一皿に詰め込みすぎたかな。お野菜がたっぷり摂れるのが嬉しい。
Photo
スープもポタージュとミネストローネの2種類。
メインは、「ポークのソテーマルサラソース」。カリッと揚げた玉ネギが添えられていて、なかなかいいですね。

デザートは、葡萄のゼリー、フルーツポンチ、パンプディグ、バナナのキャラメリゼ、クリームプリンと派手さはないけれど、充実してます。カジュアルに楽しむには、お得感がありますね。

そして、窓からはこんな景色が!
Photo_2
スカイツリーがくっきり。冬晴れで空気も澄んでいますからね。
東京タワーや六本木方面・・・絶景パノラマです。夜景も素敵でしょうね。

お腹いっぱい、この眺め、もうちょっとゆっくりしたい・・・いやいや、勉強会ですからっ。
ちょっと後ろ髪引かれる思いでお店を後にしました。

DINING OUT.53
新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
03-3344-5380
Lunch 11:30-14:30
Dinner 月~土 17:00-23:00
     日 ・ 祝 17:00-22:00
無休


チワワン*

続きを読む "野菜たっぷり、眺めたっぷり~DINING OUT.53"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵みを遊び心で包んで~ALMA

もう6年経つんだねぇ~、4ヶ月に及ぶ講習を共に学んだ仲間と先生との忘年会。今の私にとってターニングポイントとなった学び、そして仲間との繋がりは宝物です。

処は恵比寿の『ALMA』。東北に拠点を置き、東北の魚介と野菜を使ったイタリアンレストラン。東北と東京にお住まいのある先生は、流石ご存知のお店でした。

まずは「焼き野菜の盛合せ」から。フレッシュで彩り豊かな野菜を、オリーブ、アンチョビ、ケッパーを合わせたペーストをつけていただく、バーニャカウダーです。
「東北魚介のアフミカート盛合せ」は、魚介のスモーク、旨みがギュギュっと凝縮されて、お酒が進みます。
Photo
「宮城産タコと伊産唐辛子のアラビアータ」はシェアしてサーブしてくれました。食べることに夢中で、うっかり写真に納めるのを忘れましたね。

オーダーはバラバラだったのに、ちゃ~んとコース仕立てでお料理が運ばれきます。こんなところにも、美味しく味わって欲しいという思いが伝わってきます。

メインの「山形産真鯛の生ハム巻きソテー セージ風味の白ワインソース」は、香りがよくて、ふんわりとした鯛に生ハムがアクセントとなった素敵な一品です。

先生おススメの「伊産ネロパルマの炭火焼き」。なかなか市場に出回らないとかで、メニューリストにあったら即オーダーしましょう。口に広がるジューシー感を味わってみて。パリパリのチーズとポテトが添えられてボリュームもバッチリ。
Photo_2
女子会には欠かせないデザートも充実してます。
アーモンド風味のスポンジにたっぷりのクリームの「モンテ ビアンコ」。「冬イチゴのミルフィーユ ピスタチオのクリーム」は、サクサクのパイに、赤と緑の色合いもきれいで皆の心を射止めたのでした。

リストランテではなくオステリアかな。素材の組合せにとっても遊び心とオリジナリティを感じます。ALMAとは、ラテン語で「恵み」という意味だそう。そこに託した思いが伝わります。

目の前のことに追われて・・・ふと立ち止まる。そんな思いを素直に語れる仲間、互いに影響し合っているんだなと感じながら、踏み出す力をもらって、来る年に繋げていきたいと思う夕べでした。

ALMA
渋谷区東3-15-6 百百代ビル1F
03-5468-5737
営業時間 月~金 18:00-26:00
       休日   16:00-26:00
無休


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しなやかな覚悟~POINT ET LIGNE

ずっとすれ違いで会えなかったyorichan、やっと話しがまとまったと思いきや、今は忘年会シーズン真っ盛り、それも金曜の夜なんて、直前予約も無理だわね。
それならと、攻め手を変えてみた。新丸ビル地下の『POINT ET LIGNE(ポワン・エ・リーニュ)』へ、19:00前に滑り込み、うーん、バッチリハマりました!

アミューズ、前菜、メイン、飲み物のプリフィックスコース2800円をオーダーです。
タプナード、スモーク、チョリソの3種のバゲットがアミューズ。なんといってもブーランジェリーのビストロですから。前菜は、2人揃って「北海道産生帆立と生ズワイガニを散りばめた有機人参のムース コンソメジュレがけ」(+300円)。帆立とカニがこっくりとまろやかなムースとともに、口にゆっくりと広がっていきます。コンソメジュレが味を引き締めて。あ~シアワセ。
Photo
バゲットは香ばしく、もっちりとした食感で、小麦粉の自然な甘みがストレートに伝わってきます。ライ麦はくせがなく、割と軽い味わいです。

メインは「具だくさん旬の彩り野菜と大あさりのスープ ストウブ蒸し」と「真空調理した“SPF豚ロース肉”のハーブパン粉焼き」をシェアしました。ハーブパン粉焼きは、ハーブと粒マスタードが交差して、さわやかな中に深みのある一品でした。もちろん、パン粉そのもののクオリティが違います。

周りに惑わされず、進むべき道をしっかりと歩んでいるyorichanのプロ意識。それは、険しい戦いでなく、しなやかな覚悟のように感じました。私の迷いも吹っ切れました。

POINT ET LIGNE
千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディングB1
03-5222-7005
営業時間 平日 11:00-22:00
       土曜 10:30-22:00
       日祝 10:30-21:00
Lunch    11:00-14:00 土日祝 11:00-15:00
Cafe     14:00-18:00 土日祝 15:00-21:00
Dinner    平日18:00-22:30(LO22:00)
無休


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名物は発想の転換から?~梅蘭

今日はKちゃんが1度行きたかったという『梅蘭』へ。
本店は中華街ですが、都内にも店舗があり、行ってきたのは渋谷の道玄坂です。

「ホタテとアスパラのXO醤炒め」からスタート。XO醤の旨みが素材を引き立てます。
Photo
「翡翠餃子」緑が美しい点心です。ほうれん草を練り込んだ透き通るような皮に、中はプリップリッの海老です。
「酢辣湯」は、程よい酸味にピリッと辛めで、これは後をひきますよ~。

さて、お目当ての名物「梅蘭やきそば」登場!
Photo_2
カリカリに焼いたそばを開いてみると、野菜と肉のとろ~りあんがお目見え。カリカリ感ととろみ感がいい~感じでマッチ。焼きそばの具を下にして、上下ひっくり返したわけですね。
それって「タルト・タタン」みたいだわ!そう、リンゴをキャラメリゼして、その上にタルト生地をのせて焼くタルトですが、タタン姉妹が失敗を隠すために上下をひっくり返したところから生れたのです。
梅蘭やきそばが失敗が元かどうかは別として、発想の転換から、新しいものは誕生するんですよね~。

Kちゃんは「杏仁豆腐」、私は中華街に行った気分で「胡麻団子」で締めくくり。
久々の夜ごはんに話しも盛り上がり、大満足の楽しい夕べとなりました。

梅蘭 渋谷店
渋谷区道玄坂2-9-10 松本ビル1F
03-5489-0866
営業時間 11:00-23:30(LO23:00)
無休


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋ぐその真ん中に~chai fleurs横濱

先週の日曜、遅くなってしまった6月生まれのmanaちゃんと9月生まれの私の誕生日ランチを『chai fleurs(シェ・フルール)横濱』で。

下戸の私は、酵素生ジュースで乾杯。セロリの香りがふんわり、梨の甘みで爽やかに、ヘルシージュースです。
一口オードブルと季節のスープ、オードブルの盛り合わせ、パスタ、メイン、デザート、飲み物のシャンベルタンコースは3500円(税抜)。Photo
美しい彩りの7種類のオードブルは、こだわり野菜と魚と肉がバランスよく、1つ1つ丁寧に作られているのが感じられます。鴨のローストのしっとりとやわらかなこと。テリーヌの下にはみょうがのピクルス、和の素材の使い方も素敵です。紅芯大根ときゅうりとイカのマリネはアミューズスプーンにのって、ムースはグラスでと細やかな演出も女子には嬉しい。

蟹の旨みをギュッと閉じ込めた「渡り蟹のトマトクリームパスタ」。あれ、ここはフレンチではなかったか?とは思ったものの、美味しければそれもよしですね。パンと一緒にサーブされたのも、バターではなくオリーブオイル。そのオイルがとっても香りがよく美味しくて、manaちゃん、大絶賛。

さて、manaちゃんのメインは「鴨のロースト」、私は「イトヨリのポワレ」。
この奥深きクリーミーなソース、ここに来てやっぱりフレンチの王道を感じます。
Photo_2
Birthdayプレートの演出もニクイなぁ~。飴細工に、ローソクとミントをあしらって、中から現れたのはマンゴーとパッションフルーツのパンナ・コッタ、小豆のアイス、水餅と多彩な組合せ。

和フレンチ、それはお箸で食べられるというだけでなく、和素材を見事にフレンチに昇華させ、また木の温もりと静やかさの寛ぎの時間です。

お子さんが20歳を迎え、3月に“ママ卒業”旅行にハワイに行ってきた写真を見せてくれました。大学の講師を続けながらの3人の子育ては大変だったと思う。家族を繋ぐ、その真ん中にいつも笑顔を絶やさないmanaちゃん・・・家族の在り方を思う、素敵なひとときでした。

chai fleurs横濱
横浜市西区北幸 2-12-26 Felice横浜 1Fs3
045-342-6292
Lunch  11:30-15:30(LO14:00)
Dinner   18:00-23:00(LO21:00)
定休日 水曜日


チワワン*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧